国産のヨモギで作る「和」のアブサン

アブサンは薬草系リキュールの一種で、アニスやスターアニス(八角)、フェンネルとニガヨモギ(アブサンの語源:Artemisia absinthium)と、隠し味にレモンの皮など幾つかのハーブをブレンドして作られます。

和ぶさんは和をテーマにしたアブサンです。ニガヨモギを和菓子などに使われる日本のヨモギに、レモンを柚子に置き換えました。しっかりとしたヨモギの味わいに抑えめのスパイス、飲んだ後に口の中に漂う柚子の風味で和を表現しています。ちなみに、日本のヨモギにもアブサンの特徴的な香気成分であるツヨンは含まれています。

wabu-gen

「和ぶさん」に使うヨモギは京都に自生する天然のヨモギをこのために収穫したものです。京都府亀岡市の障碍者支援NPOの障がい・高齢者就労支援センターの協力を得て、センターで働く皆さんにセンターの農園の近くに生えているヨモギの新芽だけを収穫してもらいました。

隠し味として使っている柚子も京都産のものです。京都はゆずの産地で「水尾の柚子」は料亭や割烹で珍重されています。水尾は柚子栽培発祥の地ともいわれ、14世紀初頭に在位した花園天皇が水尾の地に柚子を植えたとされています。小規模ながら路地栽培で寒暖の差がある気候のため温暖な地域のものより香りが強いとされており、高級柚子として知られています。
和ぶさんではこの水尾の柚子を、飲みほした後に口の中でかすかに漂うよう加えています。

数量限定生産

「和ぶさん」は2015年にクラウドファウンディングの国産アブサン復活プロジェクトにおいて多くの人の支援によって商品化されました。メディアにも多数の掲載を頂きました。
2016年の生産本数は224本で発売から半年で完売しました。

原料のヨモギの入手に難があり、極々小規模な生産しかできませんが、2017年の今年はセンターのご協力である程度の量が入手でき、500本程度はなんとか生産できそうです。

wabu-bin

左:ゆずの原酒 右:ヨモギの原酒

基本情報

wabsan

内容量

  • 500ml

アルコール度数

  • 53度(製造年によって多少変化します)

原材料

  • よもぎ(京都産)
  • 柚子(京都産)
  • アニス(スペイン産)
  • 砂糖
  • スピリッツ

Webストア通常価格

4980円

ご注文(2017年生産分)

ネットストアからご注文をどうぞ。

http://store.fruitliqueurfreaks.com/

フルーツリキュールフリークス

和ぶさんは、京都のフルーツリキュールフリークスという酒造ベンチャーが製造しております。
和ぶさん以外にも柚子チェッロや赤い梅酒、木のリキュールなど他社が作らないようなものも造っています。詳しくは下記ホームページをご参照ください。

フルーツリキュールフリークス
http://fruitliqueurfreaks.com/

Facebookページ
https://www.facebook.com/fruitliqueurfreaks/